自分でできる健康法byポッキイ

健康管理について書いています。私が、ブログを作成した理由は、「私が健康管理に関心を持つことになったきっかけⅠ、Ⅱ、Ⅲ」を見てください。なお、健康保険で治せるものは病院で治しましょう。そうでないものや、病院治療の補助がほしい時、普段の健康管理等には、このブログが役に立つと思います。

熱中症予防

熱中症予防

f:id:max2111:20170313233705j:plain

 

最近は真夏に限らず暑い日は
熱中症が報道されることが多くなっています。

気温の変化が激しいと身体がついていけず、
それほどの気温でなくても
熱中症になることが結構あるようです。

出かけるときには注意しましょう。

先日、友人が仲間と
ゴンドラとリフトを使って山に登り、
下りは歩いて降りてきたそうです。


彼女はスポーツドリンク2本、お茶1本、水1本を
持って行ったそうです。


しかし途中で突然足が
動かなくなり、
水もなくなり、
仲間に支えられながら
降りてきたそうです。


熱中症になると突然身体が動かなくなったり、
こむら返りを起こしたりすると聞きます。

そんなときにはすぐにでも
病院で点滴等の治療を受けることが大切です。


万一、すぐ病院に行けない時は、
涼しいところで、経口保水液を
ゆっくり少しずつ飲みましょう。
そして、出来るだけ早く
病院に行くことをお勧めします。


では、熱中症予防に出来ることは
何が有るでしょうか?

炎天下の中を出歩かないことが一番です。
朝夕の、涼しくなったときに出歩くようにしましょう。
特に、体調が良くない時は、出歩かないことが一番です。


どうしても、出歩かなければならない時は、
日傘を、使いましょう。
(男性用の晴雨兼用の日傘も売られています)

ゴルフ場でよくやりますが、
氷をビニール袋に入れて、首や頭に当てて
体温を下げるのも良いようです。

スポーツドリンクを水で2倍に薄めて
こまめに摂るのも良いと言われています。

ただし、塩分や水分は少しづつ、こまめに
摂るのが予防になるようです。
いっぺんに飲んでも効果が少ないそうです。

そして、万一少しでも身体の具合が気になったら
出歩くのを中止して早めに病院で
診察を受けるのをお勧めします。

その為、健康保険証は必ず携帯しましょう。