自分でできる健康法byポッキイ

健康管理について書いています。私が、ブログを作成した理由は、「私が健康管理に関心を持つことになったきっかけⅠ、Ⅱ、Ⅲ」を見てください。なお、健康保険で治せるものは病院で治しましょう。そうでないものや、病院治療の補助がほしい時、普段の健康管理等には、このブログが役に立つと思います。

花粉症対策

花粉症対策

f:id:max2111:20161014003845j:plain


 大気汚染や生活習慣の変化、高カロリー食摂取などにより
増加中のアレルギー疾患で、
花粉による季節限定のものを花粉症と言っています。
ダニ等による通年性のアレルギー性鼻炎もあります。
くしゃみ、水溶性の鼻汁、鼻閉が主な症状です。

 

 

花粉症の薬について

どうしても鼻水や 、くしゃみを抑えたいときには有効ですが、
しばらく飲み続けると今度は鼻腔内が極度に乾燥し、
粘膜の免疫力がなくなり、風邪をひきやすくなったり、
喉を痛めたり、花粉が直接体内に侵入してより症状が悪化しやすくなります。


自分で出来る対策

外出時の対策、

時期は早めにすること

マスク、マフラー、スカーフ、つばの広い帽子、すべすべした素材のコートの使用
マスクは一度使ったら家の前で捨てる、
建物内に入る前にきちんと 払い落とす。


女性でメイク落ちが気になる方は、
メイクが落ちにくいマスクがある。

 

メイクが落ちにくいマスク

 

加湿器、床の水拭 も有効。

鼻の中に塗って、花粉が入るのを防ぐ軟膏もある。

 

アレルシャット 花粉 鼻でブロック チューブ入 30日分


花粉症内部対策

根本の対策は体質を直して花粉症 を無くすことです。

有効な飲食物
りんご、ブロッコリー 、ヨーグルト、にがり、ニンニク、
甜茶(てんちゃ)、


悪化させる飲食物
トマト、アルコール、砂糖 、


笑いによるアレルギー反応の軽減

軽減の効果はあるが、一時的(3~4時間程度)である。


気功による対策

症状が出る1ヶ月ほど前から、
気功による対策をすることにより
症状を抑えることが出来る。

方法は、薬害を取る。血流を良くする。
血液を綺麗にする。副腎からステロイドを出す。
脳幹の悪い気を取り、免疫力を上げる。

 

究極の対策

ともかく、体を強くしアレルギー体質を無くすことです。

そのためには、時間をかけて体を鍛えることです。

知り合いの子供で喘息を発症した子が、
近くにプールがあったので、毎日のように通った結果、
いつの間にか喘息が治り体質も改善していました。

私の場合は、アレルギー性の慢性蕁麻疹になり、
2年ほど病院で注射と飲み薬の治療を受けましたが良くならず、

一念発起して夏からまる1年
出来るだけ冷たい水で濯ぎ、
よく絞ったタオルで朝晩冷水摩擦をしたところ、
蕁麻疹は出なくなりアレルギー体質も治りました。

これらは、住んでいるところ等自分に合った、
継続できる、やりやすい方法を見つけることが大切だと思います。