自分でできる健康法byポッキイ

健康管理について書いています。私が、ブログを作成した理由は、「私が健康管理に関心を持つことになったきっかけⅠ、Ⅱ、Ⅲ」を見てください。なお、健康保険で治せるものは病院で治しましょう。そうでないものや、病院治療の補助がほしい時、普段の健康管理等には、このブログが役に立つと思います。

ガン・・・自分で出来る対策

ガン・・・自分で出来る対策

f:id:max2111:20161009213602j:plain


癌細胞は、普段から生まれたり死んだりしています。
通常はNK(ナチュラルキラー)細胞が癌細胞を
異常細胞と認識して殺してしまいます。


免疫異常になると癌細胞を正常細胞と認識してしまい、
血管を増やしたりして癌細胞にどんどん栄養を与えてしまい、
その結果発病します。

 


健康な人の体内では、1日に3000~5000個の
ガン細胞が発生していますが、
人が生まれつき持っている50億個の
NK細胞がこれを破壊しています。

このおかげで、ガンにおかされずに
すんでいるということです。


自分で出来る対策


Ⅰ.笑いの効果
ではどうしたら、NK細胞を活性化できるのか、
その一つが「笑う」ということです。

漫才や新喜劇を見て大いに笑ってもらうという実験の結果、
笑う前にNK活性の数値が低かった人は、
すべて正常範囲までアップし、

高かった人の多くも正常近くの数値に下がる
ということが確認されました。
この働きがNK活性と呼ばれています。

f:id:max2111:20161009213734j:plain

f:id:max2111:20161009213755j:plain

出展 http://www.pref.osaka.lg.jp/

つまり、笑いには、ガンに対する抵抗力を高め、
免疫機能を正常化させるということ、
さらに、免疫機能を薬で活性化させるには
一定の時間がかかるのに対し、笑いには、
短時間で免疫系を正常化させる生理学的効果
(即効性)があるということが判明しました。

このおかげで、がんと共存していらっしゃる方が
大勢いるとの報告もあります。
昇医師は次のDVDで紹介しています。

 

f:id:max2111:20161009213913j:plain

大笑い健康プログラム第2笑 [DVD]

昇医師は、ドイツの有名な定義で
上智大学のデーケン教授がよく使う
「にもかかわらず笑う」ことの大切さを説いています。

つまり苦しいときでも笑顔を示す。
そうすることによって、
相手も自分も楽しい気持ちになって、
NK細胞が元気になってくるということです。

Ⅱ気功による効果

気功の中でもAST気功は、10年以上のベテランだと
癌細胞に対して気によって剣を作って刺したり、
気で癌の遺伝子を変化させたり、
正常な幹細胞を増殖したりして、癌に対応しています。

手術前に気功治療をすると、手術の成功率が高まるようです。
しかし、末期の癌の場合は残念ながら治した例はありません。
ただし、気功を受けた方は、告知された余命より
はるかに皆さん長生きしていらっしゃるようです。


Ⅲ.免疫力強化のサプリ
アメリカの「トランスファーファクター」や
東大開発のブロッコリー由来のサプリがあります。
これらについては、免疫力のページを御覧ください。

これだけで治ったわけではないと思いますが、
がんが消えた日という日記を
書いていらっしゃる方もいます。

Ⅳ.癌に効くクリスタル

欧米のヒーラーの方が、がんに対して使っている
というクリスタルがいくつかあり書籍にも載っています。
ほとんどが安いものです。
力はそれほどでなくとも、長時間身につけていられるので、
それなりの効果はあると思います。
これについても、クリスタルのページを御覧ください。